2010年07月17日

50歳が語る 40歳台のすごし方(1)

「人生の午後は、人生の午前に劣らず興味深い。
ただ、人生の午後の意味と意図とは、人生の午前のそれとは全く異なる
ものである。」 (高橋義孝 『無意識の心理』)


「第二の思春期、あるいは第二の疾風怒涛期である。」(ユング)


40歳を超えたら会社や配偶者にべったりと依存してしまうのではなく、
無人島にひとり残されても生きていけるような精神の自立。
そして、少々の力には束縛されない行動の自由。

このふたつがあれば、私たちはどんな状況でもプライドを持って生きて
いける。

そのためには、まず「心を老けさせない」こと。

周囲から身の程知らずの物笑いのタネになってしまおう。
夢や希望を抱き続けよう。

大切なものは「経験」の活かし方にある。
posted by ホーライ at 06:46| Comment(0) | 40代 のあそびかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。